新潟県立三条中学校・高等学校同窓会
HOME新着情報サイトマップお問い合わせ 同窓会情報ごあいさつ・役員総会同窓会の活動と支部 三条高校情報三条高校近況学事概況大会記録・課外活動 三条高校今昔三条高校のあゆみ年表資料編 その他の情報物故情報リンク集校歌音源リンク BBS
ごあいさつ・役員

 

   「ご挨拶」

同窓会会長  野水 重明 

 三条中学校・高校同窓会会員の皆様には、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。また、平素より同窓会活動に対して深いご理解と多大なご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

 この度、平成31年5月1日に開催されました同窓会総会におきまして、山井太前会長の後を受けて同窓会会長を拝命致しました。新元号「令和」の幕開けとともに、3万人を超す同窓生をもつ長い歴史と伝統ある母校の同窓会会長に就任させていただき、大変光栄で身の引き締まる思いでございます。

 私は三条市に生まれ、三条高校を昭和59年に卒業した後、大学進学で一度は故郷を離れたものの、卒業後は地元へ戻り現在でも三条市内に居を構えております。早いもので、卒業から約35年の月日が流れましたが、当時を思い起こすと、地元では上越新幹線開通で燕三条駅が開設され、国内でもディズニーランド開園などで世間は賑わっていました。一方で、私自身はサッカー部に所属し、キャプテンとしてボールを追いかけ毎日練習に明け暮れていたことを今でも鮮明に思い出します。

 先日、平成31年の卒業生に向けた同窓会入会式に副会長として参加する機会をいただきました。校舎はすっかり新しくなりましたが、当時の校舎を思い出しながら歩くと、すれ違う生徒が皆「こんにちは」と大きな声で挨拶をしてくれ、また、卒業生の顔を拝見しましても、夢や希望に満ち溢れワクワクした表情をしておりました。最近では、第140回北信越高校野球新潟県大会における準優勝で、38年ぶりの北信越大会出場を決めたことをお伺 いしました。勉強や部活に始まり、日々の姿勢を見聞きしても、若い後輩の活躍には、母校の教育方針「自主自律精神の涵養」「情操豊かな人間性と創造力の育成」と、社会でご活躍される大先輩から後輩へ、現在も脈々と受け継がれている熱い心を感じずにはいられません。

 世界情勢や経済環境、技術革新、産業構造など、私たちをとりまく環境が急激に、また急速に変化し続ける中、人と人とのつながりが重要な時代になっております。時代の変遷の中で、それぞれの時代の先輩方が持つ歴史と、これから未来を創造していく若い世代、その中間世代として、全国あるいは世界の多方面でご活躍されるより多くの会員の皆様をお繋ぎし、同窓会をさらに盛り上げることが、私のような若輩者が会長に就任する使命であると 考えております。

 新元号「令和」には“人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ”という意味が込められております。同窓生の皆様との交流を通じてより母校を誇りに感じていただき、本会の目的である母校の発展と地方文化の向上に貢献してまいりたいと思います。
 同窓会の運営は、会員の皆様のご協力なくしては運営できないものがございます。若輩者ではございますが、できる限り多くの会員の皆様との交流の機会をいただき、会員の皆様からのご支援のもと精一杯取り組んで参る所存です。何卒ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

 末筆となりますが、三条中学校・高校同窓会会員の皆様のご健勝と益々のご活躍を祈念申し上げ、就任のご挨拶とさせていただきます。


「ご挨拶」

学校長 中田 亮一

同窓会の皆様には、本校の教育活動に対し、多大なるご支援、ご協力をいただいておりますことに心より感謝申し上げます。昨年四月に着任して二年目の勤務となりますが、様々な機会にお会いする同窓の皆様からは、いつも母校に対する誇りと愛情、そして後輩たちへの期待を強く感じています。今後とも校長としての職責を果たしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。また、創立記念講演会や社会人講話では、各界でご活躍の同窓の方々から生徒の心に響く素晴らしいお話を聞かせていただきました。同窓の皆様のご活躍が、生徒の勇気と意欲喚起につながっておりますことに、改めて感謝申し上げます。

 さて、本校の生徒は「自主自律精神」のもと、輝かしい歴史と伝統を受け継ぎながら、日々の学習は勿論、部活動や生徒会活動、学校行事において、切磋琢磨しながら文武両道に励んでいます。
まずは、「文」での活躍ですが、本校は同窓の皆様のご努力のお陰で、これまでも県内屈指の進学校として高い進学実績を誇ってまいりましたが、この春の卒業生二百七十五名も大いに健闘しました。二百二十八名が現役で大学に進学し、百二十八名が現役で国 公立大学に合格しました。現役での進学先では、新潟大が最も多く五十名で、東北大学の五名を始め、京都大や一橋大、北海道大、早稲田大、慶応大など、難関といわれる大学にも多くの生徒が進学しました。

 「武」である部活動では、ほとんどの生徒が運動部や文化部のいずれかに加入し頑張っています。陸上、剣道、ソフトテニス、弓道が北信越大会に出場しました。弓道は県選抜大会で優勝し、全国大会にも出場しています。陸上は三年の岸本君がインターハイと国体に出場し、都道府県対抗駅伝で新潟県の第一走者として活躍しました。また、県高校駅伝では男子が三位に入り、北信越高校駅伝に出場しました。野球は秋季大会で、あと一勝で北信越大会出場となる準々決勝まで勝ち上がりました。文化部も負けていません。百人一首が全国大会に出場し、予選リーグを全勝で突破しベスト十六に入りました。書道は県競書大会で、二年の池田さんが最高の県知事賞を、一年の関﨑さんが新潟大学長賞を受賞するなど大いに健闘しました。

 勉学にしろ、部活動にしろ、自分で納得のいくまで打ち込み、切磋琢磨する三高生には、昔と変わらず今も無限の可能性が秘められています。その可能性が大きく花開くよう、我々職員一同、全力を尽くす所存であります。同窓の皆様におかれましても、今後とも激励とご支援を賜わりますよう、お願い申し上げ、挨拶といたします。

 
 
 

「退任のご挨拶」

前同窓会会長 山井 太

 三条中学校・高校同窓会会員の皆様には、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 この度、4年間務めさせていただいた同窓会長の職を、退任させていただくこととなりました。私事ではございますが、平成31年度『源泉』発行に際し、退任のご挨拶を申し上げます。

 まずもって、会員の皆さまにおかれましては、常日頃我が三条中学校・高校同窓会活動にご理解いただき、活動の活性化に多大なるご協力をいただいております事、心より御礼申し上げます。

 数多くの同窓生を持つ三条中学校・高校同窓会の会長職を渡邊前会長から引継がせていただき、早いもので4年の歳月が経ちました。この4年間、最大限のバックアップをしていただいた、前任の上杉校長、そして現校長である中田校長を始めとした学校関係者の皆様、そして保護者の皆様には心から感謝しております。また、ご多忙の折、惜しみないお力添えをいただいた、各支部長・役員の皆様、そして事務局の皆様には、言葉では言い尽くせないほど、感謝の気持ちでいっぱいです。未熟な点や至らなかった点が、多々あったとは思いますが、総会の運営や様々な催事に際し、積極的に関わりを持っていただけた事に、心より御礼申し上げます。

 4年間、至らない私を会長として支えていただいた全ての皆様に、この場を借りて深く御礼申し上げます。  我が同窓会の目的は、母校の発展に寄与することだと考えております。三条中学校・高校同窓会員は他の同窓会と比べても会員数が多く、近年では県外の支部での活動も活性化しております。

 会長の任を引き継いだ私の責務として、毎年5月1日に開催している総会や、各支部で行っている支部会を、永く同窓会を牽引していただいている大先輩から、若い会員の皆様まで、幅広い年代の会員が集う会にしたいという強い想いがございました。

 その想いから、会の更なる活性化を図るべく、同窓会を考える会を立ち上げ、様々な年代の方々に参画していただきながら活発な意見交換をさせていただきました。こうした活動の中から、昨年10月には初めて同窓会東京大会が開催され、多くの県外居住者の会員様にご参加いただきました。東京大会の参加者の中には卒業間もない20代の若者にも参加いただけ、同窓会の新たな一歩を感じることができました。

最後に参加者全員で歌ったSanjyo will shineは胸に熱く響き、会長職を務めさせていただいた4年間の中で、特に忘れられない夜となりました。

 新会長には、古き良き同窓会の文化や歴史を大事にしつつ、同窓会の新しいあり方を会員の皆様と共に未来志向で考え、会の活動を益々活性化していただき、世代を超えた繋がりをもてる会にしていただきたいと思っております。

 この退任の挨拶を書きながら、4年間の同窓会での活動や、経営者としての日々を顧みると、人と人との繋がりの大切さを改めて実感し、日頃関わりを持っていただいている皆様に改めて感謝の念を抱かずにはいられません。長年にわたり、多くの方々の想いによって支えられてきた この同窓会の活性化を図ることが、三条中学校・高校の発展はもとより、三条地域の発展に繋がると私は信じております。皆さまのお力添えをいただきながら、これまで以上に会の運営が円滑に行われていくことを心より祈念しておりますと共に、これからも同窓会の発展に少しでも寄与できるよう私自身精進してまいります。重ねてのお願いになりますが、会員の皆様におかれましては、私同様、変わらず新会長を支えていただき、今後とも会の運営にご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

 末筆となりますが、三条中学・高校同窓会員の皆さまのご健康と益々のご活躍を祈念申し上げて、簡単ではございますが退任のご挨拶とさせていただきます。4年間ありがとうございました。

 
 
     
     
 

 

 
 

三条高校同窓会役員

  名誉会長 学校長 中田亮一
正副会長 会長 野水 重明
副会長 東京支部長 橋本良嵩
新津支部長 長谷川大八
下田支部長 名古屋利夫
加茂支部長 古川 洸
見附支部長 池山広喜
栄支部長 
新潟支部長 山田茂孝
燕支部長 高桑紀美江
吉田支部長 星野光治
白根支部長 鈴木壽男
長岡支部長 富所 隆
関西支部長 諏訪照昭
三条支部長 野嵜喜一郎
定時制部会長 曽根忠一郎
北海道支部長 五十嵐篤雄
弥彦支部長 西澤哲司
東海支部長 若狭修三
田上支部長 丸山敬
斎藤正
長谷川啓三
大久保秀男
竹井満喜子
梨木建夫
鈴木守男 
横山正明
若槻八十彦
加藤治
佐々木常行 
刈屋 哲
佐野明義
小林吾郎
飯塚一樹
本間隆之
神田 晃
小林佳代子
源泉委員長 薄田和輝
HP委員長 成田秀雄
常任理事 ゴルフ委員長 太田義人 
資料委員長 高木正夫
囲碁委員長 渡辺 完
会計監事 佐藤弘志
関根龍一
学校幹事 田邊和泰
顧問 元学校長 鈴木博信
元学校長 鈴木政光
元学校長 笠原中庸
元学校長 坂井政行
元学校長 丸田尭
元学校長 荒木勉
元学校長 小島正芳
前学校長 平澤秀昭
膳学校長 上杉 肇
岩井和夫 
梨本清-
渡邊喜彦 
山井 太
杉野良介
内田 力
相談役 熊倉昌平
小林敬典
馬場信彦
 
 
 

 

 
   | HOME | 新着情報 | サイトマップ | お問い合わせ | ごあいさつ・役員 | 総会 | 同窓会の活動と支部 | 
 |  三条高校移転 | 学事概況 | 大会記録・課外活動 | 三条高校のあゆみ | 年表 | 資料編 | 
物故情報 | リンク集 | 校歌音源リンク | 同窓会掲示板 | 
 
 

 

ページ上へ  
新潟県立三条中学校・高等学校同窓会